私生活に支障を与える!?~共感できるワキガの経験談~

ワキガの臭いを抑える方法~服の選び方で臭いを抑える~

服の黄ばみ・臭い対策~毎日の洗濯で苦労しないために~

服についた黄ばみや臭いを落とす洗濯方法が分かっても、ワキガの原因を解決したことにはなりません。服にワキガの臭いがつくことを防ぐには、ワキから出る汗をどうにかしなくてはいけませんね。どのような対策方法があるか見ていきましょう。

ワキガの臭いが服につくのを予防する“制汗剤”

ワキガの臭いは、汗が皮膚上の常備菌と混ざることで発生します。この汗を抑制することで臭いの拡散を防ぐことが出来ます。簡単に使用出来て、良く知られているものは「制汗剤」です。制汗剤をタイミング良く使用することで汗の分泌量を減らすことが出来ます。また、仕事中に汗をかきやすい人はこまめに汗を拭いて、制汗剤を付けると良いでしょう。

制汗剤を使用するタイミングは夜寝る前

朝、シャワーを浴びて出勤前に制汗剤を塗るという人も多いでしょう。しかし朝は、汗腺に汗や水分があるため効果が低いと言われています。そして、制汗剤の効果的なタイミングは夜寝る前です。夜に塗っても制汗剤の持続効果は24時間あると言われているので、仕事前に塗らなくても心配はないでしょう。また、夜に塗って朝シャワーを浴びても制汗剤は落ちないようです。

ワキガの人が知っておくべき制汗剤を選ぶ際のポイント

香りつきはNG!
制汗剤は種類によって香りつきのものがあります。しかし、香り付きの制汗剤は使用するタイミングによって、逆効果になってしまいます。なぜなら、ワキ汗が出てきて服についた後に慌てて制汗剤を使用すると、ワキガ臭と制汗剤の香りが混ざってしまい、よりイヤな臭いを放ってしまうからです。そのため、汗をかいた後に制汗剤を使用するときは注意しましょう。
女性は女性用のものを使うべし!
同じワキガでも男性と女性では分泌される成分が異なるため、きちんと女性用の制汗剤を使いましょう。男性用のほうが、効果が高そうと思い使用している人もいます。ですが、あまり効果がないこと覚えておきましょう。また、汗をかきやすい女性もいますが、女性専用の制汗剤を使用したほうが、ワキガ臭の対策には効果的です。
軽度のワキガに殺菌力が強いものは逆効果!
ワキガの症状が軽度の場合、重度の人が持つ「ジフテロイド菌」はほとんどいません。このジフテロイド菌はワキガ臭を強く放つ原因の菌です。この菌がほとんどいないワキガの人が、殺菌力の強い制汗剤を使用すると良い菌まで殺菌してしまい、悪い菌を繁殖させやすい環境にしてしまう可能性があります。そのため、軽度のワキガの人は、殺菌力が強い制汗剤を使用しないほうが良いでしょう。

お風呂も重要!身体を洗うときはワキガに効果のある石鹸を使おう

ワキガ体質の人は市販のボディソープでも問題ありませんが、臭いをちゃんと抑えたいということであればワキガに効果のある石鹸を使用してみるといいでしょう。

毛穴クリア用石鹸
ワキガの原因である菌や分泌物は毛穴に集まっています。この毛穴を毛穴クリア用石鹸で洗うことで毛穴の奥まで綺麗にすることが出来ます。毛穴クリア用石鹸は洗顔フォームによく使われています。薬用タイプの毛穴クリア用石鹸を使用するとより高い効果が期待出来ます。毛穴から綺麗にしたいなら、この石鹸を使用してみましょう。
柿渋石鹸
柿渋石鹸は体臭予防石鹸として有名です。成分の中に「柿渋タンニン」が含まれていて、この成分にはポリフェノールがたくさん含まれています。その量は緑茶の10倍、ワインの30倍と言われていて、このポリフェノールに身体の悪臭を消す効果があるのです。体臭予防なので、ワキガ以外でも足の臭いや加齢周にも効果を発揮します。
薬用石鹸
薬用石鹸は様々な種類の細菌を殺菌する効果があります。ワキガの原因は汗だけではなく、身体の表面上にある常備菌があることで独特の臭いを放ってしまいます。そのため、薬用石鹸を使用して常備菌を少しでも減らすことが出来ればワキガの臭いを抑えることが出来ます。効果的な洗い方は、泡で優しく洗ったり、泡をワキに付けて少し時間を置いたりする洗い方です。

ワキガ体質の人は半身浴がおすすめ!

ワキガ臭の原因となる菌は、アルカリ性の環境で繁殖しやすくなります。半身浴をすると汗をかいて酸性の環境を作ることが出来ます。酸性の環境になれば、ワキガの原因菌の繁殖を抑えられますが、普段からしっかり汗をかかないといけません。そのため、半身浴を日常生活に取り入れて、酸性の環境を保つことが出来る体質にしましょう。

ワキガの人の服選び~繊維に注目してみよう~

服の種類によっては、ワキ汗が付くことでワキガ臭を周囲に広く拡散してしまうことがあります。しかし、服の選び方で臭いの拡散を抑えることが出来るので、どのような点を注意して服を選べば良いのか見ていきましょう。

ポリエステルやアクリルなどの化学繊維の服は避けよう

ワキガ体質の人が着ると臭いを拡散させてしまう素材は、人口の石油から作られた化学繊維の服です。種類として、ポリエステルやアクリル、ポリウレタン、ナイロン、レーヨンなどがあります。この化学繊維の素材の服は、普段はあまり臭いが広がらない軽度のワキガの人でも、かなり臭いを拡散してしまう可能性があるので、避けたほうが良いですね。

ワキガの人向きなのは天然素材の服

ワキガの人が着る服の素材で、1番いいのは天然素材の綿です。綿素材の服は、発汗性や吸水性だけが良いのではなく、臭いを吸収する効果もあります。そのため、汗をかいてもしっかりと吸水してくれて、ワキガ臭の拡散を抑えることが出来ます。服を選ぶときは化学繊維が含まれている種類のものよりも、100%綿素材のものを選んで、ワキガ臭を抑えましょう。服を購入するときは服のデザインだけではなく、素材の表記も見て選ぶことを癖付けると良いですね。

ワキガ消臭スプレーで臭いを予防!

ワキガ消臭スプレーは、衣類に直接スプレーして乾かすことで消臭効果を持たせることが出来る優れものです。スプレーをした後は、乾かしてからでないと着れないので前日にスプレーをしておくと良いでしょう。また、洗濯後にすぐスプレーをして干せば二度手間にならないのでおすすめです。

TOPボタン